LINK
クラシックカードなどを手に入れることを望む場合発行希望者である当人がカードを所持可能な歳である必要性が存在します。違う場合はやはり存在するが、一般的な場合、18歳から65歳までの所持希望者が申込受付対象と定められていることに注意した方が良いでしょう。成年に達していない方は親の許可が必須→何も考えなくともはっきりしているのはあなたが18才以下の年齢であるという状態においては申請は無理だと思った方が無難でしょう。義務教育期間を終えると同時に、フルタイムで労働している若い方も多勢いらっしゃると考えますが、バイクの運転免許証というようなものと何ら変わらず、所定の年頃にならない限り所持は出来ないものだと解釈して頂いた方が穏当でしょう。18才もしくは19才であるという例…所有希望者がたとえば18才?19才に該当するぎりぎり大人でない方の条件の場合には、とても高額の収入が見込める組織で労働していて収入がすこぶる高いというケースであっても、保護者の同意してもらうことが必須となっているため十分気をつけて頂くことが肝要になります。大学通学者あるいは専門学校生というような学生人々に応じて学生用カードと呼ばれる学校で学ぶ人をターゲットとしたクレジットカードが用意されているのですからそういったカードを申し込むようにした方が合理的です(学生カードに対する申請でないと審査が通らない可能性が高いこともあります)。もしくは、あなた自身でカードの申請をやらなくても、父親、母親といったご両親の面々が保持しているクラシックカードの家族カードを申請するという方法で使用させてもらうというやり方も可能である故、何かと金銭についての計算が煩わしいものだという風に感じてしまうようであれば頼んでみるというのも一つのやり方と考えられます。18歳であろうとも高校に在学中の生徒はクレカを申請できない〉ちなみに、万が一18歳の誕生日を迎えた以降の状態だったという事実があっても高等学校生はクレジットを原則持つなどということは可能であるとは言いがたいです。それでも、職業に直結した訓練などを身につける特別な3年制でない高校または修了に5年以上かかる高校(工業高校など)の場合については高等専門学校生でも学生に適格なカードの発行に関しては認可される時がサービスによってはあるので、カードの所有にこだわっているときにはクレジットカード会社のサービスセンターまで確認してみてほしい