LINK
一般にはクレカの限度額が日々使用する額より高めにしていると顧客は心配ないと思い誤って、あまり考えずにクレカで支払ったりするようです。こういったクレジットカード使用過多を抑制するようにするためカードの最高額を自主的に低レベルにしておこうというのが、これから提案する文の主題です。月ごとの限度額の引き下げ方□クレカの月の利用限度額を減らしておくには月ごとの限度額を増やす手順と同様、大変シンプルです。裏側に載っているサポート番号に問い合わせて「限度額の引き下げをしてもらいたいです」等とオペレーターには依頼するだけです。今の月の限度額に比べて下であれば特別な調査もなく簡単に限度額の引き下げが完了します。利用限度額をセーブしておくのは資産を守ることとも結びついている□クレカの利用限度額引き下げは、自己抑制というような益以外にセキュリティにもつながります。もし、大事なカードが紛失等により悪用されてしまった場合でも、事前にクレカの利用限度額を低めにコントロールしておくなら実害を最小限にとどめることも可能なためです。強調しておきたいのは、万が一悪用されてしまったような状況でも所有者に明らかな過失がない限り、盗難保険等で呼ばれるしくみがユーザーを助けてくれるわけなので心配はないですが、数パーセントの可能性のために普段必要ないような限度額は減らしておくと良いでしょう。不必要な利用限度額はメリットのないことと言えます。