LINK

クレジットカードが不必要に感じる!こうした時にはサービスの使用不可能化(しようふかのうか)をしてしまいましょう。

解説はいらないと思うが、カードの使用取りやめとは本人が所持しているまさにそのクレジットをお店などに行っても会計出来ない状態にすることを指します。

あなたが今読んでいるこの項目におきましてはカードの使用不可能化の段取りから無効化をする時の必要事項などを力を入れて整理してみた。

これを読んでもらえれば使用の中止における疑問がスパッと忘れて安心してもらえるに違いないと思っています。

誤解を恐れずに言ってしまうが、不要になったカードを契約解除する方法はすごく手間がかかりません。

「クレジットに入ったら、たやすく解約するのは面倒じゃあるまいか」・・・」あるいは「カード会社の使用取りやめのやり取りが面倒?」という風に考えてしまう方も多く存在するようだと聞いているが、本当はクレジットの裏面に表記のある受付窓口に連絡をした後カード使用不可能化の考えを言うのみであっという間に機能停止ができます(約3分くらいで出来てしまいます)。

クレジットカードを作る準備の時は煩雑だったのとは全く逆に解約申し込みはわずか数分の電話で終わってしまうの?などと拍子抜けしてしまうに違いありません。

絶対に使用中止の申し込みはあっという間なものなのでしょうか?おっしゃる通りです。

カードの無効化の手続きは特殊なケースを考慮に入れなければ契約解除のための届け出用紙もない上にしつこく申請が長引いてしまうようなこともない。

嘘偽り無しに「所有している□□クレジットカードを機能停止したいと思っておりますが!」と言う風に会話中の係の人に向けて宣言するようにすれば十分です。

事実、私の友人も今までに15枚を越えるほどの機能停止するために電話し続けてきたものの一度も退会に関して揉めたような場合は皆無だったのですからそのような悩みについては必要以上に考えないで問題ありません。

ある人を介して聞いた実話によると使用不可能化を依頼連絡したところ理由に関して知りたいと言われることがあったということですが決して大仰なものではなく参考意見の調査の域を出ない質問だったと言っていたのでしつこく継続を迫られることも知る限りないと言っていました。

レアなケースとして理由を言わなければいけなくなったとしても素直に『使用する機会が減ったため』や『○○社のカードサービスのホームページを見たらその方が便利そうだから』といった感想を説明すればすぐ終わります。